マイランドの事業方針は、顧客が求める物件を提供するということです。不動産を扱う業者であれば、この事業方針は当たり前で普通で、特に際立った特徴はないように感じてしまう人もいるかもしれません。ところが不動産を扱う業者は数多くありますが、この当たり前のことができていないところが本当に多いのです。とても簡単なようで、とても難しいこの事業方針内容を実現しているマイランドについて紹介したいと思います。

中古不動産のメリット

まず中古不動産についてあまり知識のない人だと、中古不動産そのものに何のメリットがあるのか正直わからないということもあると思います。中古不動産のメリットはたくさんあるのですが、やはり購入するときに価格を抑えることができる点が大きいと思います。新築で戸建てを購入するほうがもちろん全てが新品になるわけですのでこれに越したことはないのですが、これもその人の価値観によって変わってきます。たとえ中古であったとしても自分の理想とする不動産であれば中古で手にすることが価値にもなります。中古不動産だからこその価格の優位性があります。

また中古不動産だからと言ってもそのままの状態で使い続ける必要はありません。自分たちが快適に生活できるようにリフォームする楽しみも中古不動産の醍醐味ではないでしょうか。当然のことでは?と考える人もいるかもしれません。たしかに日本には数多くの中古不動産があり、それを扱う業者もたくさんあります。ただ中古不動産だからこそのメリットを最大限発揮させている業者は、実はそれほど多くないのが現状です。メリットは発揮されてこそ初めて意味を持ちます。

マイランドはスピーディーなサポート体制

中古不動産を売る立場、買う立場、どちらの立場にもなって顧客にとって最善の物件をスピーディに提案できる会社が強いです。では実際に事業体制を考えてみたいと思います。数多くある中古不動産を扱う業者との最大の違い、それは仕入れ段階での意識です。

たとえば自分が持っている中古不動産を売ろうと業者に依頼したとします。A社は豊富な中古不動産を扱う業者で知名度も高く、依頼すればすべてスムーズに話が進むだろうと思うのは当然です。でも一向に買い手がつかず連絡もなく、様子をうかがってみてもイマイチはっきりした返答がない…こうなるととても心配になります。

自分の不動産は中古ではあるが、とても使い勝手が良く魅力的な部分がたくさんあり、これを求めている人に知らせてほしいと思っても業者はその魅力を本当にわかってくれているのかもわからない…とても不安になります。A社は仲介として非常に役立つ存在ではありますが、その中古不動産の最大の特徴をその目でチェックして本当に理解し、それを顧客に正確に伝えているとは限らないんです。

逆の立場でも同様です。業者を介して念願の中古不動産を購入したものの、少し不具合のある個所が見つかってしまった…業者に連絡してみても「直接専門的な会社に連絡を」などと言われてしまうと、どうすればよいのか困ってしまうと思います。

マイランドではこういった不安や心配、疑問を抱くことなく顧客が安心して中古不動産を売却、購入できるようになっています。仲介ではなく、自分たちがその目で実際に物件を吟味して特徴や魅力をどんどん発掘します。そして万が一不備やトラブルが起こった際も、自分たちが管理している物件なのでスピーディなサポート体制ですぐに問題を解決することができます。

マイランドのトラブル対応能力

ただトラブルは本来起こってはならないものです。不動産の安全性、資産性は限りなく高いものでないといけませんよね。この点についてもしっかりと行き届いた体制が組まれています。

中古不動産というのは新築とは違います。どのくらい年数が経過しているかは物件によって異なりますが、年数が浅ければ良い、年数がたくさん経過していれば悪いと一概には判断することはできません。中古不動産は建ててからどのくらい経過しているかだけではなく、その間どのように扱われてメンテナンスされてきているかがとても重要です。

パッと見ではわかりにくい外壁のひび割れ、それに内装クロスの色褪せやはがれ、水回りの状況など小さな部分にも目を光らせて厳しいチェックを実施しています。これも不動産を扱うのであれば当然のことのように思えますが、実際不動産トラブルの多くはこのチェック体制、管理体制が行き届いていないがために起こっています。仲介業者としてではなく自分たちの物件として扱うので安心感を提供することは絶対的なことです。

そして周辺の環境やその地域の雰囲気や特性、更にはその不動産を購入して実際に住むことになった場合どのような管理会社を利用すれば最適なのかなどあらゆる角度から住む人の立場になった目線でチェックして扱います。資産性については中古不動産を購入するときの一つのテーマにもなります。

ただ自分たちが住むだけではなく、将来を見越した不動産を購入することで一生ものの安定を手にすることにつながります。たとえば仕事をしていれば転勤などは予想もしないタイミングで起こったりするものです。近場であれば自宅から通ったり単身赴任をすることもできますが、そうはいかないケースもあります。もしかすると自宅を手放して新天地に移動する可能性もあります。

そんな時不動産の資産性は大きく影響します。売却、または賃貸物件として扱うことになった時その資産性の大きさを始めて実感できるようになるのは、やはりマイランドが扱う質の高い不動産を持ってこそではないでしょうか。

また売る側に立った場合についても考えてみたいと思います。自分の不動産が売れない…これはよくある悩みです。
そのため「希望通りには売れないのが普通」と思っている人も多いもの。妥協して売り出し価格を大きく下げたりするパターンが多いのですが、プロに任せてみることで結果は大きく変わってきます。

不動産売買は素人ではどうしても判断できない問題が起こるものです。先ほど述べたようにそもそも不動産が売れない場合、それから売れたとしても思うように話が進まない、売った不動産なのにトラブル続きでクレーム対応が出来ずにどうしてよいのかわからない…こんなことが起こってしまうこともあります。

熟練のプロに委ねることでその不動産の最大の魅力を見つけ出すことができ、自分の不動産を必要としてくれている人を探し出し問題なくスムーズに不動産売却を行えるようになります。今まで全く売れなかったのに、ちょっとしたリフォームを加えただけで驚くほど問い合わせが増えたりするものです。

また最近は完全に売ってしまうのではなく、収益物件として保有する賃貸型も多くの人が利用しています。忙しいビジネス社会の日本では家を建てればずっと一生その土地に住み続けることができるとは限りません。仕事の都合、家庭の都合などで賃貸の不動産を求める人は多く、これからも増えていくと思います。そんな時には収益不動産として自分の不動産が非常に活躍してくれます。

ノウハウはなくてもプロが徹底サポートしてくれるので安心して自分の資産を長い間守り続けることができるという点は非常に安心感があるのではないでしょうか。このようにマイランドは最高の不動産を手にするため、そして最高の状態で不動産を扱うために日々様々な活動を通して顧客を完全サポートしています。

マイランドでの物件購入の流れ

中古住宅の買い取り再販や不動産仲介などを行っているマイランドでは、様々なお客様のニーズに答えるべく日々業務を行っています。そんなマイランドで物件を購入するにあたっては、基本的な流れに沿って進められていきます。購入までの流れを把握しておくことでスムーズに住まい探しができることが予想されます。そこで今回はマイランドでの物件購入の流れについて簡単に解説していきましょう。

1. 情報収集・相談

まずは、希望物件の条件をまとめる必要があります。自分や家族がどういった間取りや地域での中古物件を探しているのかを紙にまとめ優先順位をつけておきましょう。そうすることで、マイランドで相談するときもスムーズに情報を伝えることができます。また、マイランドでは最新の物件情報やオープンハウスの情報を配信してくれる「マイランドメンバーズ」に登録することで希望条件を入力するだけで物件情報を入手できるので登録しておくと便利でしょう。

2. 相談・資金計画

希望通りの物件があれば、費用や法律など様々な気になる疑問についてマイランドに相談することが大切です。店舗に直接出向くだけではなく、公式サイトに記載されている「購入相談」のフォームから問い合わせも可能です。また、物件購入に掛かる税金についても相談できます。どれだけのお金を借りることができるのか、月々の返済額はどうなるのかなど、資金や収入によって提案してもらえます。

3. 物件の見学

ネットやチラシだけでは物件内容を知ることができないので、マイランドでは積極的に物件見学をすることを勧めています。マイランドの営業担当者が一緒に案内してくれるので、物件の詳細についても質問できるでしょう。実際に中古物件の間取りや設備、使いやすさや周辺の環境などを把握することで後悔のない物件購入が期待できます。

4. 契約

物件見学で希望通りの物件であれば不動産売買契約に進みます。購入申込書に記入し、ローンの事前審査を行った後に重要事項の説明を行います。難しい項目もあるので、不明な点は担当者に相談しましょう。その後、問題がなければ不動産売買契約の締結、手付金の支払いとなります。

5. 住宅ローンの申し込み・契約

住宅ローンを利用して購入する場合にはローンの申し込みを行います。ローンに関しては様々な種類があるので、相談して自分に合ったものを選ぶことが肝心です。ローンの申し込みの手伝いも行ってくれるので安心して契約できるでしょう。

6. 支払い・物件引渡し・入居

住宅ローンの承認が下りたら残りの物件費用を支払い、引渡し日を決めます。登記手続きに関しては司法書士に委任してあるので安心です。引っ越しの手配や役所への届け出なども発生するので、入居までにどう進んでいくかマイランドの担当者と相談していきましょう。

まとめ

上記のような流れで物件購入は進められていきます。不動産売買契約など難しい事項も含まれていますが、事前に把握しておくことで必要な書類なども忘れずに用意することができるのでマイランドに確認しながら行うことが希望の物件を手に入れる近道でもあるでしょう。