小田急不動産についての詳細

小田急不動産は、小田急グループにおける総合不動産会社として1964年に誕生した企業であり、小田急沿線上の物件のエキスパートとしての実績を積み重ねています。
戸建住宅やマンションの建設・販売を筆頭に、住宅地の開発も一手に担い、事務所用ビルやマンションの賃貸・運営管理、不動産売買等の仲介も事業内容に含んでいます。

顧客満足を第一に考え、安心で安全、なおかつ快適な生活を創造することを経営理念に据えており、顧客から届く様々な声に対してしっかりと応対するばかりでなく、
刻々と変化する時代背景にも目を向け、常に価値の高い不動産売買や管理を手掛けることを目標とし、実現させている企業です。単純に売買を行うというだけではなく、
不動産の運用や相続に関する相談にも乗り、的確なアドバイスを行っていることも小田急不動産ならではの強みと言えるでしょう。

小田急グループでは約100社という住関連分野を擁していますが、その中でも中核企業としてグループをリードしている存在こそが小田急不動産です。
バラエティに富んだネットワークを敷いていることが小田急グループ最大の強みとなっており、業種を超越した包括的なサービスを実施しているため、
分野に応じて複数の企業を使い分けて依頼する必要が生じず、不動産に関連する一切を小田急不動産に一任できます。

分譲業、賃貸業、仲介業を三本柱としている小田急不動産は、各分野で抜群の実績を持ち、様々な問題に対処できるノウハウを蓄えてきました。分譲業だけで約23000戸の分譲実績を持つことから、
市場調査やマーケティング、そしてアフターサービスまでの十分なケアを期待することが可能です。
賃貸業としては首都圏を中心に約100のオフィスや住宅を管理しており、業界最大規模のネットワークをフル活用した貸借人の募集や経験に基づいた建物の維持管理を行います。
また、仲介業者としての実績も豊富であり、小田急沿線の駅近に約20店舗の営業所を展開して、売買や賃貸の仲介、買取、さらに相続相談を受け付ける身近な不動産会社です。

小田急不動産は、母体が小田急グループということもあり、接客に対する基本的な姿勢として「顧客との信頼関係を築く」ことを何よりも大切にしています。
したがって、物件の規模の大小に関わらず常に親切で丁寧な対応を心がけたスタッフが対応にあたることは当然として、顧客が望まない不必要なサービスは一切提供しておらず、
安心して営業所を訪れることができます。