株式会社シノケンハーモニーについての詳細

株式会社シノケンハーモニーは、主に投資用のマンション販売や開発を行っている会社です。中でも不動産投資には力を入れているのですが、創業年数には大きな特徴があります。
シノケンハーモニーは、創業されてから多くの年数が経過している会社です。実に1,990年に創業されていますから、既に27年が経過しています。また上場しているシノケングループの子会社でもあり、100%出資の子会社になります。
それでシノケンハーモニーの不動産投資の物件には、主に3つの特長があります。まず入居率の高さです。

そもそも不動産投資を行っていますと、入居率に関する悩みが生じてしまう場合があります。マンション投資を始めたものの、誰も入居してくれないという悩みが生じる事も多いです。
ところがシノケンハーモニーの場合は、実に入居率が98%台という数字を誇っています。98という数字は、非常に高い方です。いわゆる空室リスクが極めて低いという特徴があります。
それだけではありません。金利に関する特長もあるのです。

そもそも入居率が高いと言っても、肝心の手数料が多くなってしまうのは困るでしょう。不動産投資ではローンが活用される事も多々あります。
フルローンで投資が行われる事も多いのですが、その際に金利が高いか否かは重要です。当然金利は低いに越した事はありません。
それでシノケンハーモニーでは、その金利が低めに設定されている訳です。金利1%台のローン商品も紹介してくれます。

不動産投資を始めたものの、ローンの支払いで暗礁に乗り上げてしまうという話はとても多いです。
しかし、シノケンハーモニーから紹介されるローンは金利も低めなのですから、コストを抑えて不動産投資の運用をする事ができます。
ところで不動産投資には、もちろんリスクがあります。その投資を検討する方々は、リスクを心配している事も多いです。
ですからも投資をするに当たって、デメリットも知りたいと望んでいる方々も少なくありません。
シノケンハーモニーには、そのリスクを非常に丁寧に説明しています。もちろんシノケンハーモニーの不動産投資にも、リスクは存在するのです。

またデメリットも数点ありますが、それを透明性高く丁寧に説明してくれる会社でもあります。それだけに不動産投資を検討している方々としては、安心して投資を始められる事も多いです。
すなわち空室リスクと低金利のローンと丁寧な説明という3点が、シノケンハーモニーの主な特徴と言えます。