不動産投資と言っても、アパートやマンションに投資する一般的な投資から、一戸建てへの投資、土地購入による駐車場経営など投資先も多様化してきています。最近は、投資信託の特徴を取り入れたREITにも注目が集まっています。このような不動産投資の種類によって、購入資金も違ってくるので予算の観点からも不動産投資の種類を把握しておくことが重要です。それぞれの不動産投資の方法で、どのタイプが自身にマッチするかチェックしておきましょう。

低予算で初心者向けのREIT

冒頭でも少し触れましたが、REITは「Real-Estate Investment Trust」の略で不動産投資信託とも呼ばれています。
REITが他の不動産投資と違う点は、直接不動産を購入しないことです。不動産投資信託を通して不動産会社の不動産を購入し、企業が行った投資の運用実績によって分配金を得たり価格の上昇を狙ったりします。一度購入すればあとは価格の上昇を狙うだけなので、物件を所有するような現実味は感じられません。

中~低予算のワンルームマンション投資

不動産投資を本格的に始動させたい初心者の方は、ワンルームマンション投資がおすすめです。ワンルームといっても間取り1Rだけでなく、1DKや1LDK、ワンルームマンションも含み、マンションの一室を購入して賃貸経営を行うスタイルです。中古物件であれば、300万円くらいで購入できる物件もあるので、初心者に限らず人気の高い投資先となっています。

予算・対象者は中レベル向きの戸建て賃貸経営

不動産投資とは、なにもアパートやマンションだけではありません。一戸建てを購入し賃貸経営を行うパターンもあります。戸建ての場合、マイホームを購入するための目的しか思い浮かばない方もいるかもしれませんが、場所によっては長期間借りてくれる方が多いという点が魅力です。マイホームとは別に家を建てて賃貸経営を行う不動産投資も増えてきています。

小口化不動産投資は中~上級者向け

小口化とはビルなど高額な不動産価値を分割し、投資家がそれぞれ分割した金額を支払って購入することです。物件を実際に購入するので金額に応じて共有持分権を持つことになるでしょう。一棟のビル内にあるワンルームを所有しているようなイメージを持ってもらうとわかりやすいかもしれません。ビルなどの投資情報は一般の方には情報が行き届かないことが多いので、不動産業界に携わっている方が利用しやすい投資方法の種類です。

不動産投資はこの他にもいくつか種類がありますが、いずれにしても予算やハードルの高さによって得られる収益や向き不向きが出てきます。自身がどの不動産投資と相性が良いか、マッチするものを選ぶようにしましょう。